一級建築士事務所アトリエマナ(代表:河内真菜):「住宅地で別荘暮らし」をテーマに、身体に関する建築の環境造りを手がけています。

つぼみ

沖縄の気候の特徴は、季節による温度差が少なく、直射日光は強いが、日陰にはいると涼しく過ごし易い。またスコールのような局地的な雨が短時間降る場合もある。
敷地は、海や眺望などいわゆる南国らしい読み込むべきコンテクストが少ない那覇市の閑静な住宅地である。地区計画より屋根勾配の指定もある。そこで、気候と法規制を逆手に取り、角度や勾配から居場所が形成されていくようなスタディを試み、住宅地でありながら、気候と環境に適応した開放的で別荘のような暮らしを目指した。
「つぼみ」や「膨らみ」を意味するこの住宅は、使い方の異なる膨らみをもつ領域の連なりからなる。周囲からプライバシーを守りつつ内側へ開き、同時に内部では、お互いの気配を感じながらそれぞれ別の事をしていても気にならない空間を実現するため、花束の様に小さな連なりがまとまって一つの造形をなしている状態を幾何学的に読み替える事を試みた。
まず、パブリックな空間を中心に、それに付随する諸室をゾーニングする。そして、諸条件から導き出された角度を利用し、メガホンのように接点面が小さく奥に行くにつれて広がりのある室同士を繋げて行く。結果、アルコーブのような膨らみをもった部屋同士の連なりとなり、ワンルームでありながら開放し過ぎず、各々の居場所がルーズに関係しながらも視界は柔らかく連続する居場所を実現した。
沖縄という環境にあるその「つぼみ」は、立体的で多様な影をつくり、また、そこが外部であったり内部であったりする。南国独特の有穴ブロックをイメージした透かし積みレンガは、時間によって表情を変え、風と影を造り出し内外の住環境を彩る。立体的に形造られた「つぼみ」は、時に濃い影を造り出し温度差を生じさせ風を呼び、涼やかな影の居場所から、明るい日だまりを感じる、落ち着きのある南国の居場所を実現した。(河内真菜)

構造について
RC薄肉ラーメン構造は、通常のラーメン構造と比べて、材料効率という面では劣るものの、屋内に柱型・梁型の無い、空間効率が良くて自由度の高い建築物を造る事が出来る。本建物の形状は、一見複雑そうに見えるが、構造的には250mm厚の壁・スラブ内に柱梁フレームを合理的かつ整然と内臓させ、各種外力に抵抗している。(加藤征寛/MID研究所)

計画地:沖縄県那覇市
設計:アトリエマナ
構造:MID建築研究所
施工:(株)IMI CORPORATION
写真:細矢仁
用途:住宅
敷地面積:165.30m²
建築面積:81.97m²
延床面積:123.6m²
構造:木造2階建

WORKS INDEX →
  • つぼみ
  • つぼみ
  • つぼみ
  • つぼみ
  • つぼみ
  • つぼみ
  • つぼみ
  • つぼみ
  • つぼみ
  • つぼみ
  • つぼみ
  • つぼみ
  • つぼみ
  • つぼみ
©atelier mana